本当にある国際ロマンス詐欺!国際ロマンス詐欺の知っておくべき豆知識をご紹介します

当サイトは本当にある国際ロマンス詐欺について解説しているサイトです。
国際的なロマンス詐欺の知っておくべき豆知識をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
国際的なロマンス詐欺の被害を少なくするための注意についても解説しています。
万が一のことを避けるためにも、押さえておきたいポイントです。
また国際的なロマンス詐欺で実際に起きた、最悪の被害の情報も取り扱っています。
知らないうちに騙されてしまわないようにしましょう。

本当にある国際ロマンス詐欺!国際ロマンス詐欺の知っておくべき豆知識をご紹介します

国際ロマンス詐欺に騙されてしまわないように、注意するための豆知識を知りたいという人は多いのではないでしょうか。
まず国際ロマンス詐欺に引っかからないためには、何といっても安易に支払わないようにすることが大切です。
また金銭を求められたら、周囲の人に相談をして客観的な意見を求めることをお勧めします。
相手が国際ロマンス詐欺をしているのか疑わしいのであれば、送金する前に消費生活センターなどに相談して見ると良いです。

実際にあった国際ロマンス詐欺の特徴とは?

国際ロマンス詐欺とは、インターネット上などで知り合った海外の相手を言葉巧みに騙し、恋人や結婚を意識させる間柄であると思い込ませることで金銭を送金させる特殊詐欺の1つです。
国際ロマンス詐欺の特徴として、将来を誓う仲になった上で、自分の財産を郵送するから一緒に暮らそうと持ち掛けますが、どこかの国の税関に引っかかり、お金が必要なので送金してほしいという内容が多い傾向にあります。
この他にも会いに行きたいが、手持ちがないため渡航費用を立て替えてほしいといったものや、安全で簡単にできる投資があるので、やり方を教えるからやってみないか、というものがあります。
実際に起こった実例では、イギリス人軍人を名乗る男性とSNSを通して知り合った女性に、愛のプレゼントを贈ったから受け取って欲しいとメッセージが届きました。
しばらくするとトラブルがあり送れないからお金が必要だと税関担当者を名乗る人から連絡が入ります。
最初は数万円程度でしたが、何かと理由をつけて結果的には大きな金額を支払うといったケースもあります。

国際ロマンス詐欺で想定されるリスクとは?

国際ロマンス詐欺で想定されるリスクとして最たるものは、金銭をだまし取られることです。
酷いケースになると、何千万円という金額を国際ロマンス詐欺でむしり取られています。
中には全財産を根こそぎ持っていかれ、さらに借金まで背負ってしまったという人もいるほどです。
被害者の心理的ダメージも深刻なリスクといえるでしょう。
国際ロマンス詐欺は被害者の恋心を巧みについてくるもので、だまされている最中は、恋人に献身的につくしているような状態になっていることも少なくありません。
それが詐欺だと判明した時のショックは、かなり大きなものになるでしょう。
被害に遭ったことを苦にして自殺してしまう人もいるとされています。
それから個人情報が流出してしまう危険もあります。
恋心を寄せていると、無防備に個人情報を公開してしまうことも多いです。
その個人情報をもとに、犯人は新たな詐欺を仕掛けてくる可能性もありますし、詐欺グループに個人情報が流出して、新たな事件に巻き込まれる可能性もあります。

国際ロマンス詐欺の基本的な手口とは?

国際ロマンス詐欺は、相手に対して好意を持たせることによって金銭をだまし取る手口の事です。
特徴的なのが、ステータスの高い外国人を装ってこのような行為を行うという点です。
例えば、親密な関係になってから投資話を行い、それに乗った相手から金銭をだまし取るという手法です。
昔から、結婚詐欺などのように相手からお金を取るような手法は日本国内でも多くありました。
しかし、現代社会の特徴は国際ロマンス詐欺という外国人が率先して行う手法に変わっています。
これは、インターネットを利用することによって容易に相手を騙すための手段が増えてしまったからです。
実際に、国際ロマンス詐欺のターゲットに合ってしまった多くの人は出会い系のマッチングアプリを利用していたことが大半です。
被害者も女性であることが多いので、注意をしなくてはいけません。
手口は変わっていますが、中身は結婚詐欺に近いものであるため上手い話に乗せられないようにすることです。

国際ロマンス詐欺で発生する個人情報流出

近年国際ロマンス詐欺が流行の兆しを見せています。
そういう詐欺に遭った時に一番気にするのは、お金の損害ではないでしょうか。
ただ、お金の被害を受けていなくても、個人情報が流出した場合は、十分に注意をしなければいけません。
国際ロマンス詐欺師に個人情報が流出した場合は、そういうものを盾にして脅迫される可能性があります。
脅迫された場合は、住所や氏名などをばらされるかもしれないということで、思わず詐欺師の言うことを聞いてしまうかもしれません。
リアルな生活を脅かされる時は、怖いと感じて詐欺師の言いなりになってしまいます。
詐欺師たちは独自のネットワークが存在し、一度どこかで騙した人に関するリストが存在します。
1度どこかで騙された場合は、別の詐欺師から新たな詐欺に遭う可能性が出てくるでしょう。
場合によっては、詐欺師が積極的に詐欺被害の回復を手伝うという旨で近づいてきて、あなたを騙すということも起こり得ます。